既設・新設基礎補強工事

コンクリート基礎工事とは?

建物を支える土台・基礎をつくる工事です。構造を問わず建物はすべて基礎を介して地盤の上に乗っています。つまり頑強な基礎なくして、安全な建物はないのです。太豊工業では曳家・嵩上げといった特殊建設を扱うため、基礎の知識を多く保有しています。熟練の職人が確かな技術で、建物を守り・支える強い基礎を作り上げます。

太豊工業のコンクリート基礎工事

  • コンクリート基礎工事の写真1
  • コンクリート基礎工事の写真2

基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。

  1. 基礎が配置される地面に砂利を敷き詰め、つき固める(捨てコン)
  2. コンクリートを砂利にかぶせ配筋工事をする。
  3. 基礎の形にあわせて型枠をつくる。
  4. 型枠にコンクリートを流し込む(打設)という流れで施工します。

コンクリートの強度

コンクリートは約10年間水分を吸収しながら少しづつ強度を増していき、10年を経過した頃から徐々に強度が落ちていきます。だからこそ初めの施工が重要です。太豊工業は基礎の補強も行いますので、これから新築される方や、家の基礎に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

既設基礎補強工事とは?

軟弱地盤の上に建っている建物の基礎下に鋼管杭を打ち込んでいく工法です。地盤支持層まで到達させて杭を打ち込みますので地盤不良の根本原因から解消できます。

どのような工法があるのでしょうか?

アンダーピーニング工法

基礎下部分を作業が出来るまで掘削して、ベース下部を露出させます。そこに鋼管杭を建物の自重反力を炉用してジャッキにて地中へ圧入させていきます。事前にボーリング調査などをしておいて支持層が何メートル下にあるのかを調べておき、その深度まで挿入します。

  • 既設基礎補強工事の写真1
  • 既設基礎補強工事の写真2
  • 既設基礎補強工事の写真3
  • 既設基礎補強工事の写真4
  • 既設基礎補強工事の写真5
  • 既設基礎補強工事の写真6

耐圧版工法

アンダーピーニング工法同様基礎下部を2~3メートルおきに、つぼ掘りして掘削します。800角程度の地盤下部をコンクリートでベースを作り鉄板を敷き、ジャッキセットして基準レベルまでジャッキアップして、ストップジャッキを設置し埋戻しふたたびコンクリート充填を行います。

  • 耐圧版工法の写真1
  • 耐圧版工法の写真2
  • 耐圧版工法の写真3
  • 耐圧版工法の写真4
  • 耐圧版工法の写真5
  • 耐圧版工法の写真6

薬液注入補強工法

ハンマーオーガードリルによって深度2~3mまで地中を掘り進め、その後セメント系薬液を圧入して地中にある水脈系の中にモルタルを圧入充填させて周辺地盤を硬化させていく工法です。充填深度は支持層まで入れますので元々地盤の弱い所には最適です。

  • 薬液注入補強工法の写真1
  • 薬液注入補強工法の写真2
  • 薬液注入補強工法の写真3
  • 薬液注入補強工法の写真4
  • 薬液注入補強工法の写真5
  • 薬液注入補強工法の写真6

鋼管打撃圧入工法

この工法は軟弱基盤を補強する工法で、建物の自重自体が少なく建物自重反力を使用して圧入するアンダーピニング工法が使えない所で補強します。約100kgのエアハンマーを足場上部に設置しエアーコンプレッサーによる振動で鋼管を建物外部や内部で打撃による圧入で施工していきます。

  • 鋼管打撃圧入工法の写真1
  • 鋼管打撃圧入工法の写真2
  • 鋼管打撃圧入工法の写真3
  • 鋼管打撃圧入工法の写真4
  • 鋼管打撃圧入工法の写真5
  • 鋼管打撃圧入工法の写真6
≪工事一覧に戻る