コンクリート基礎工事

コンクリート基礎工事とは?

建物を支える土台・基礎をつくる工事です。構造を問わず建物はすべて基礎を介して地盤の上に乗っています。つまり頑強な基礎なくして、安全な建物はないのです。太豊工業では曳家・嵩上げといった特殊建設を扱うため、基礎の知識を多く保有しています。熟練の職人が確かな技術で、建物を守り・支える強い基礎を作り上げます。

太豊工業のコンクリート基礎工事

  • コンクリート基礎工事の写真1
  • コンクリート基礎工事の写真2

基礎は鉄筋とコンクリートで造られます。

  1. 基礎が配置される地面に砂利を敷き詰め、つき固める(捨てコン)
  2. コンクリートを砂利にかぶせ配筋工事をする。
  3. 基礎の形にあわせて型枠をつくる。
  4. 型枠にコンクリートを流し込む(打設)という流れで施工します。

コンクリートの強度

コンクリートは約10年間水分を吸収しながら少しづつ強度を増していき、10年を経過した頃から徐々に強度が落ちていきます。だからこそ初めの施工が重要です。太豊工業は基礎の補強も行いますので、これから新築される方や、家の基礎に不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

≪工事一覧に戻る