安田社長の”もったいない”道

曳家工事

  • 嵩上げ再生

    「ひく、引く、家曳く、心惹く、私が何でも曳きますよ!」 何でも動かしたがりの太豊工業の安田厚士です。 工事の紹介です。 この物件は米原市の鉄骨倉庫の嵩上げ工事で元請様は米原市のマルモト(株)様です。

  • 東日本大震災 震災の爪痕 4

    西濃地域のように多量に地下水が所での液状化対策は、建築物が既に立っている場合は極めて難しい。 建てる前であれば、調査した地質に適した地盤補強をすれば安全は高まる。

  • 東日本大震災 震災の爪痕3

    東日本大震災による液状化により、傾いた家の修復工事をさせて頂いた千葉県浦安市周辺の家主の皆さんに、聞かせてもらったことがある。それはどのような感じの揺れだったのかということだ。

  • 東日本大震災 震災の爪痕2

    清閑な住宅地だった千葉県浦安市周辺は、東日本大震災で様相が一変していた。発生から2ヶ月後に訪れた際は、様々な人たちが全国から集まり、ありとあらゆる復旧作業が一帯ですすめられていた。

  • 東日本大震災 震災の爪痕1

    2011年3月11日に起きた東日本大震災は、日本中を震撼させた。被災家屋を映像で目にし、曳家など建築の特殊工事を専門とする職人として復旧に力を尽くしたいと思い、2ヶ月後の5月に意を決して千葉県の浦安市に入った。

  • 新しい基礎の作り方

    「ひく、引く、家曳く、心惹く」 工事の紹介です。 この物件は三重県松阪市内の現場です。元請様は三重県多気郡の池田建設株式会社様です。

  • 曳家の仕事

    曳家の仕事 私が曳家の仕事を知ったのは生まれて直ぐの事でした。といっても赤ちゃんの時から理解できたかといえばそんなことでは無く、僕が生まれた時にはすでに会社は存在していました。

  • 「ひく、引く、家曳く、心惹く」 

    このキャッチフレーズは当時(今から15年ほど前)、チラシを作成する際考え出したフレーズです。

  • 土台の取り換え

    「ひく、引く、家曳く、心惹く」 工事の紹介です。 この物件は米原市にある木造の逐60年の旧母屋です。直接お客様よりご依頼で施工しました。

ページ上部へ戻る