安田社長のもったいない道

「土台が無い!土蔵の傾き修正工事!!」

2021年09月20日(月)

今回の現場は(株)匠工房(滋賀県米原市)様の土蔵傾き修正工事 です。
この土蔵を古民家再生して部屋に作り替えるそうです。

まだまだ暑い日が続いていますが、着工する土蔵の中はひんやり
涼しく、作業も快適に進めます。土蔵の土壁マジックですね。

この土蔵は長辺部、短辺部の角に向かってL型に80㎜ほど沈下
しており、床材を修正せず水平に貼ると天井高が変わってしまいます。

そこで床の傾き修正工事を行い、建物を水平にして修正します。
しかしこの土蔵には土台が無い為、揚げた高さ分の土台を入れます。

土蔵造りの建物は新築だ建てられる方は皆無で、それもそのはず
本物の土蔵建物を立てようもんなら工期は2年、費用は2千万円。

小さくて使いづらい建物、期間とお金を使って建てる人います? だから、残す人がいるんですね!!ご先祖様のお陰ですね!!

今日の教訓「土蔵は急に腐らない、愛情かけて200年!!」
いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせください