安田社長のもったいない道

「三つ目の曳家!最後は木造古民家!!」

2021年05月22日(土)

今回の現場は(株)伊田屋(岐阜県岐南町)様の知立市内で
三棟目の曳家になる木造古民家母屋です。

代々残る木造古民家で当時は当たり前の平屋建て母屋です。
半分以上に土台が無く、曳家するにあたり土台を新設します。

何度も施工コラムに書くときに申し上げるのですが、土台が
建物に据付けられると一気に建物の価値が上がるんです!!

これは間違いない!!よく「建物の要は基礎であり土台だよ」
と申しますがその通りで、曳家の時は容易に土台が替えれます。

ですから、ほぼ古民家再生の現場では腐食が無い限り8~9割は
土台を新品に取り換える工事が発生します。

この古民家も土台が新設され、これからどんどん若返っていきます。
人間は若返ることは出来ませんが、建物は若返れます!!
どうです? いかがです? やってみませんか? 若返り!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせください