安田社長のもったいない道

「鐘楼を嵩上げ!基礎もこれで新品に!!」

2020年09月19日(土)

今回は(株)日の出組(大阪府大東市)様とのコラボ工事 木造鐘楼の嵩上げ工事です。
柱脚根元の台座基礎石の補強の為に、一度建物を嵩上げして
柱下からアンカーボルトを差し込むために60㎝揚げました。
もともと鐘楼にはアンカーボルトはありませんが昨今の震災を
考えると耐震工事は不可欠です。
鐘楼は上部屋根が重く、柱は四本しかなく非常に仮分数な建物で
揚げる時は必ず筋交い補強と根がらみ補強は必要になります。
プロがやると大袈裟にはなりますが、プロらしい段取りが不可欠です。
間近で見るとプロの仕事の凄さを感じてもらえます。
ちょっと大阪は遠いかな!!

お問い合わせください