安田社長の”もったいない”道

新しい基礎の作り方

05.23

DSCF1424DSCF1416DSCF1415

「ひく、引く、家曳く、心惹く」 工事の紹介です。

 

この物件は三重県松阪市内の現場です。元請様は三重県多気郡の池田建設株式会社様です。

 

この木造住宅も築80年以上のお宅で基礎はもちろんありませんでした。玉石だけの基礎。建物は地球の上に置いてあるって状態ですね。それで建物を持ち上げ新設の基礎を作ります。ずいぶん前までは新しい基礎を作る為、一旦揚げ越し(仮に200㎜程上に揚げ越す)をしておいて基礎完成後に乗せるという工法をしていましたが、アンカーボルトが入りにくく構造上の問題がありましたが、高さを調整しておいてアンカーボルトをぶら下げた状態でコンクリートを打設するという画期的な工法を思いつき現在それを主流に施工しています。

 

一度現場に来てもらえると理解しやすいですね。

 

もったいない事は良い事だ!!

今日も曳いて、曳いて曳きまくるぞ!!

 

曳家工事(移動工事)・嵩上げ工事・レベル調整工事(沈下修正工事)の(有)太豊工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る