安田社長の”もったいない”道

古民家の嵩上げ工事

11.30

CIMG3085 PA160018 CIMG3047 CIMG3091

本日は美濃加茂市の(株)愛和の古民家再生工事をご紹介いたします。現場は一宮市の閑静な住宅街の中の古民家住宅です。
いつもの通り建物は石基礎の地ベタに建つ建物で
浸水被害にも合われたという事があったそうです。
今回建物周りから全て300㎜程揚げるという事なので
建物本体は600㎜程嵩上げ工事致しました。
築80年にしては構造がしっかりしていたり、内部の造作では
かなり手のこんだ造り方がしてあり、かなり腕の立つ大工さんが
つくられた家であることが感じられました。
こんな家をまた、100年持たせるために嵩上げ工事、基礎工事を
するなんて・・・ 曳家職人冥利に尽きます。
古民家再生は家主にとって先代と触れ合う絶好のコミュニケーション
ではないでしょうか!!

仕事は楽しい!  仕事は楽しい!  仕事は楽しい!
もったいない事は良い事だ!!
今日も曳いて、曳いて曳きまくるぞ!!

曳家工事(移動工事)・嵩上げ工事・レベル調整工事(沈下修正工事)の(有)太豊工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る