安田社長の”もったいない”道

ツキ、ツキ、ツキまくり鐘つき堂移動

07.10

 

本日の現場は岐阜市で建築・土木を中心に営業されています

量悠興業様の神戸町内での「鐘楼移動工事」です。

 

この現場は鐘楼の基壇が傾いており、外周の敷石と土間

コンクリートを新設し直してから再度、移動工事で元の位置に

曳き戻します。

 

よく質問されるのは「鐘つき堂を曳家する時、鐘は降ろして

曳くのでしょうね、軽くなるから曳きやすくなりますね」

 

これは全くの考え違いで、鐘楼の鐘は「鐘」があるから建物の

重心が安定しているので、「鐘」は付けたまま動かす方が安定します。

 

四本柱が簡単そうで、一番危険なんです!!

仕事は楽しい!  仕事は楽しい!  仕事は楽しい!

もったいない事は良い事だ!!

今日も曳いて、曳いて曳きまくるぞ!!

 

曳家工事(移動工事)・嵩上げ工事・レベル調整工事(沈下修正工事)の(有)太豊工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る