安田社長の”もったいない”道

「解体寸前の茅葺屋根の母屋!」

07.18

本日の現場はいつも古民家再生工事の際には私共を贔屓にして

頂く、匠工房様の古民家レベル調整工事です。

 

この茅葺物件、既に解体工事が決定していたにもかかわらず

寸でのところで匠工房の島田先生の目に留まり解体を取りやめ

ることになった物件です。

 

中の造作は張りぼてにされており、後日天井や壁を解体したら

「あら!びっくり!」とてつもない見事な丸太張りが出てきました。

 

島田先生は意を決して再生することになったそうです。

 

こんなご縁の物件もあるんですね!!

仕事は楽しい!  仕事は楽しい!  仕事は楽しい!

もったいない事は良い事だ!!

今日も曳いて、曳いて曳きまくるぞ!!

 

曳家工事(移動工事)・嵩上げ工事・レベル調整工事(沈下修正工事)の(有)太豊工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る